運気が最悪になる時期も逆にモチベーションにできる

占いをしてもらった時に、「今は運気が最悪の時期に突入しています」と言われれば、普通はかなり大きなショックを受けると思います。
例えば、大殺界の時期に入ってしまうと、3年間は運気が悪くなると言われているの、かなり厄介な存在と言えるかもしれません。

しかし、逆に考えれば今が最悪ということは、これ以上悪くなることは絶対にないわけです。
むしろ、ここを乗り越えることができれば、その後は運気は上がる一方になるわけですから、どうせならポジティブに捉えるようにしましょう。

そう思うと、運気が最悪になる時期もモチベーションにすることができるのです。
占いというのは、いくらでも180度考え方を変えることができますし、どういった結果でも肯定的に捉えることが大事なのです。

もちろん、運気が悪い状態の時は、必要以上に行動することは控えるべきでしょうし、結婚や引越しといった大きな転機になることも避けた方がいいでしょう。

逆に、普段からの行動をしっかりと気をつけていれば、運気が悪くてもそこまで大きな問題やトラブルになることはないのです。
むしろ、「全然悪いことが起きなくて拍子抜けした」というパターンも非常に多いのです。

つまり、過ごし方さえ間違えなければ、大殺界などもそこまで怖い存在ではありませんし、これから運気を良くするための準備期間と捉えるといいでしょう。

運気が最悪の時期を乗り切れば、そこからはあらゆる運気がどんどん上昇していき、いろんなことが成功したり良い結果をもたらしたりするでしょうから、とてもハッピーな日々を過ごせるようになるでしょう。
それまでは、辛抱強く今の悪い時期を耐え凌いでいくようにしましょう。

こちらもおすすめ♪

  • 風水は占いと同じものなの?風水は占いと同じものなの? 占いにはさまざまな種類や占い方があります。 星占いや四柱推命といったよく知られ且つ親しみやすいものもあれば、霊感占い、オーラ占いなどあまり知られておらず神秘的なものも少なくあり […]